MHF1%の狩猟日記

ましろ色シンフォニー 第一話「ましろ色の出会い」

10月、秋から冬へと移り変わる季節。

瓜生新吾は新しい生活へ一歩を踏み出そうとしていた。
自分の通う学校が同じ街の名門女子校<結姫女子学園>と統合するにあたって、
仮統合の期間、試験的に女子高へ通うことになったのだ。
新しい環境に戸惑いながらも、持ち前の前向きさと気配りで次第に信頼を得ていく新吾。
そして、そんな彼と出会う個性豊かな美少女たち。
学園が変わることに対する“理事長の娘”、兄を支え励ます“妹”、
お仕えする旦那様を探す“野良メイド”、
動物好きの“優しい先輩”、素直になれない“クラスメイト”…。
雨が雪へと変わる頃、それぞれの想いは形となって…。

恋する少年少女に送るピュアラブストーリー(公式HPより)

メインスタッフ
原作:ぱれっと
監督:菅沼栄治
キャラクターデザイン・総作画監督:川村敏江
シリーズ構成:チームRIKKA
アニメーション制作:マングローブ

メインキャスト
瓜生新吾:水島大宙
瀬名愛理:小野涼子
瓜生桜乃:後藤麻衣
天羽みう:力丸乃りこ
アンジェ:壱智村小真
乾 紗凪:吉田真弓
ぱんにゃ:櫻井浩美




第一話 「ましろ色の出会い」
脚本:浦畑達彦 絵コンテ:菅沼栄治 演出:サトウ光敏 作画監督:川村敏江・梅津 茜

私立各務台学園2年生の瓜生新吾は、自分の通う学園が同じ街の名門女子校「結姫女子学園」と統合されることになり、試験的に儲けられた仮統合の期間、結姫女子学園へ通うことになった。転入の前日、雨上がりの公園で新吾は結姫女子学園の生徒・瀬名愛理と出会った。(公式HPより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて今回はエロゲ原作ということで過度な期待をせず、惰性で一話を見ていたのですが
桜乃の初登場シーン。こればっかりはシビレましたね・・・
エロゲ・ギャルゲ原作のアニメに限らず言えることですが、特に恋愛モノの作品をアニメ化するにあたって最も焦点があたるところといえばやっぱりそれは美少女!ヒロイン!女の子!

今後主人公との恋愛を描いていくアニメにとって、メインサブに区別なく“女の子”初登場カットはとても重要な意味を持つと私は考えます。第一印象ってやつですね。
同時に、アニメ制作者側からの第一話とは「初回を見ている客を逃がさないために」「今後も見続けさせるために」より力を入れて丁寧な作りを心がけているはずです。強いインパクトを与え、キャラを魅力的に動かさなければいけない状況で、最も利用しやすいキャラ初登場シーンを効果的に描かない手はないのです。
対人戦(リアルな世界)でも第一印象で7割強イメージって固定されてしまう(らしい)ですし…汗
そういう意味でも第一印象はやはり重要であるといえます。

ここでは第一印象に二つの意味を持たせましょう。ひとつに「そのキャラ自体の第一印象」ひとつに「その作品自体の第一印象」です。
前者は私たち視聴者から見た女性キャラクターへの第一印象。これを一般的に言われる意味とします。
後者はですね、その女性キャラクターが登場する作品への第一印象なのですが、例えば小中学校時に校外へ行く遠足などのイベント事では必ずといっていいほど先生から「みんなが学校の看板を背負ってることを忘れないでください」などと言われたことがあると思いますが、つまりそういうことで“女の子”各々がその作品の看板を背負っているというニュアンスで捉えます。
少し無理矢理な解釈かもしれませんが近年の風潮である「◯◯可愛いから見る」などがこれに近い印象を私は受けます。
初回放送時ですから事前に知らされている情報もたかが知れているでしょうし、そんな状態で「CGキラキラ華やかな登場」なり「突拍子もない意外な登場」なりされれば自ずと意識にも残るでしょう、いやきっと残るはずです。それが現時点でそのアニメの評価の一部となることも、情報量が少なければ仕方の無いことではあります。
ひと目みてパッと分かるキャラクターデザインの好みや背景の綺麗さなどの要素も当然大切な「第一印象」ですがそれらの中に「ヒロインの初登場シーン」を加えても、私は何ら抵抗はないと考えます。


mashiro_01001


まあ何が言いたかったかというと桜乃可愛いよねっていう・・・桜乃の初登場シーンはアニメオリジナルなのでスタッフ様GJでした。
迷子になった妹に対して「そこの写真撮れる?」って言った兄も、まさか自画撮り送りつけてくるとは思いますまい!…まだまだこの世も捨てたもんじゃない(*´ω`*)
原作プレイの人が見れば「桜乃またやってるよ、わざとだな(笑)やれやれ」
未プレイの人が見れば「天然妹可愛い」
と意見が別れるかもしれません。当然原作ありきの話ではあるのですがアニメはアニメで完成させてほしいところもありますので、私的に後者がジャスティスではあります。
かくいう私もこのシーンを見て今後の視聴を決めました。キャラデザが好みに合っていたところも含めてのことではあります。二話以降どんな手段で驚かせてくれるのだろうと楽しみで仕方がない( ゚∀゚)・∵.


mashiro_01002

愛理も愛理で初登場は焦らしまくりの末、月光を浴びてのキラキラした登場でした。最後に豹変しましたが友達思いの良い娘です(*´ω`*)
素晴らしいスタートを切れたと思っています。


その他
主人公の心理描写が台詞で殆ど表現されないところもひとつの特徴かもしれません。「心の声」ってやつですが、一話には一度も見られませんでした。ノベルゲームは基本一人称視点で物語を進めていくので心の声は必然と多くなりがちですが敢えてその部分をカットし、視聴者に様々な展開を想像できる作りにしているのでしょうか。
その分アニメーションでしっかり演技(頬を染める、目が泳ぐなど)させるなり、声優さんの演技に頼るなりしないと、私たち視聴者には「何を思っているのか」全然伝わってこないのですが、とは言うものの
何でもかんでも台詞で説明されたら口説い印象になり私自身あまり好きではありませんし、アニメーションでの演技が大好物な個人的見解と致しましては、ましろ色シンフォニーに更なる期待せざるを得ない状況です:(;゙゚'ω゚'):
アニメーションでの演技と脚本、台詞と声優さんの演技との関係性についても何れ紹介したいと思いますがアニメ「ましろ色シンフォニー」もまだまだ序盤ですしまたの機会に・・・

それにしても出来がいいアニメに出会ってしまいました(゚o゚;;これからが楽しみで仕方ありません。
ラストで転けないことを祈りつつ…


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

mashiro_01003
mashiro_01007
mashiro_01006

mashiro_01008
制服についての会話では桜乃制服に視線を移します。新吾も桜乃の制服に視線を

mashiro_01005
ここ一度がっかりしたように頭を下げてから振り向く桜乃。細かく丁寧な動きでした
2011年11月17日00:00:00 // アニメ・ゲーム //
Pagetop
« next  ホーム  prev »

期間限定クエスト

期間限定クエスト

プロフィール

Star_Duster

Author:Star_Duster
MonsterHunterFrontier
鯖3
キャラ名:Star_Duster

HR:999
槌:999
双:600
槍:200
軽:200
笛:100

槌マニアの時々モンハン
アニメ99%の日常をお届け

カレンダー

<< 02
2024
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

フリーエリア

メゼポルタカレンダー

猟団プーギーの餌

ゲーム応援中